2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

初めての客?

  台風も来るというのに、不動産屋さんから電話あり。
  今日11時に家土地を見に客を連れてくると。
  引っ越しが終わってから…のはづだったけどお客さんだから…
  家には上がらない…ということだったけれど、ひどい雨降りだし
  どうしよう?と初めての客に、ドキドキするが…
  とりあえず、それまでに(雨のひどくない間に)選挙投票を済まそう。
  私の一票がどう影響するわけでないが、棄権をするわけにはいかない。
  しっかり濡れてしまって3000歩余りのウオーキングということに。
  ダンボールの山積みの家をどう片付けようもないが、雨戸を全開にして
  明るくして❓緊張して待機したが音沙汰なし。台風で取りやめになったのかな。
  これからこんな落ち着きのない日々を過ごさねばならないかと
  疲れる・・・・いやがんばらねば・・・・・。

人形供養

  先日のこけし人形もダンシャリには辛いものがあったが…
  もっとつらい雛人形!がある。
  義母から、娘に送られた七段飾り・・・・
  ありがたかったが辛いものもあった雛人形。
  二人の弟のいたずらから守るのも大変で、
  七段を組むのも、たたむのも大変時間を取るもので
  家が広くなるまでは大変苦労したし、広くなって
  座敷にちゃんと飾れるころには、娘もあまり喜ばないし・・・・
  ここ何年か押し入れの天袋で日の目を見ないまま…ごめんなさい…
  娘は結婚する時も飾れない…というし、孫娘に…というときは
  家で飾って孫たちが遊びに来るのが恒例になっていたし
  この際いよいよダンシャリ?ということに。
 
  人形供養!を検索すると、まあいろいろあること・・・
  とにかくもうばあちゃんの手には負えないから…と娘にゆだねる。
  「人形だけを供養させていただきます」・・・ということに。
  段飾り、台座、ぼんぼり、お道具その他もろもろ、この際ダンシャリ!
  お人形だけを箱詰めにして明日娘にお願いすることにしました。
  我が家にあること50年…ありがとう、そして義母さまごめんなさい・・・

脳のMRI検査をうけた・・・

  新しい生活に突入する前に、できるだけの
  安全を確保しておかねば…・
  あと何年元気で生活できるか???
  とりあえず、脳のMRIを取って,脳血管の梗塞?とか
  健全❓を調べておいたらいいか❓かかりつけの先生が
  紹介状を書いてくださって、ほぼ一月待って、やっと今日
  その結果を聞くことができた。
 
  「結論を言うと、何も問題はありません。今のところは
  心配することはありません。」という嬉しいお言葉!
  目の前の脳血管のMRIの画像は、(初めて見るけど)
 
  結構くろぐろととクリアーで、一安心。
  薄いところとか詰まりそうなところとか、ない。
  年齢相応とか、若いとか、聞きたかったがやめた。
  まずは引っ越しを元気に済ませて、新しい生活、余生?を
  楽しく始めたいものだ。
  昨日長男が来てくれて、引っ越しやさんと打ち合わせ。
  31日決行!と決まった。まだまだかたづけが残っている。
  頑張らねば・・・・・
 
 

引っ越し準備悩ましい❗

20171008_114114864x864216x216

  こんなにもあるか?

  このコケシニンギョウはいつから我が家にあった⁉

  整理ダンスに飾られて幾年月‼

  さよならするのも、むねがいたむ❗

  せめては黒いひつぎ箱に美しく納めて、

 断捨離箱にはいってもらおう。

こんなことでいいのだろうか?

   一生に一度の売り物?
   夫の残したたった一つの財産?
   思い悩んでいても前には進めない。
   どこかで踏ん切りをつけなければ・・・・
   ネットでいろいろ読んだ。
   頼もうとする不動産に関する、ネガティブな書き込みも
   読んだ。誰を信じてよいのか、何を頼りにするのか
   もう考えたくない…というのが本音!
   娘が、これでいいのよ…という不動産屋に
   わが老後を❓託すことにした。どうぞうまくいきますように!
   80年生きてきて、なんとかなったんだから・・・・
   これからの何年?(これが長いか短いか)かも
  なんとかなるのだろう。

不動産屋に査定を頼む

 
不動産屋に査定を頼む。
ばあちゃん一人にはとても荷が重いことなんだけど
いろいろ声かけてくれる人もあったり
売却の査定を結局4社に頼むことになってしまった…
それぞれに息子がタッチしてくれたり、娘が聞いてくれたり
はしたが、まあしんどい事・・・・・・
不動産の販売士❓は、それはそれは話し上手で!
単純なばあちゃんは・・・それぞれがとても熱心に売却してくれるような
イメージを持ってしまう┐(´д`)┌ヤレヤレ
比較はできない。!!
ひとつづつの言い分を書きかけたけれど…疲れた・・・
査定の額はそうとうちがう!売れる額はそう違わないそうなんだけど?

芝生墓地に椅子を持ち込んで・・・

 
  いろいろ難問を抱え込んでいるのだけど・・・・
  今日は夫の命日、「行って来よう」とバスと電車を乗り継ぎ
  一人で行きました。
  水汲み場に木製の椅子が置いてあるんです。
  今日はそれをお借りして、じっくり話し込む?事にしました。
  「あなたの遺言書通りにここまでやって来ましたよ。子供たちも
  よく手伝ってくれます…」
  次は不動産の売却ですかね…・どうしなさいとは流石に書いてない…
  これが大変ですよ…・
  銀行の相続手続きの流れで、直属の不動産屋さんが
  売却、住み替え、引っ越しの手配まで「すべてお任せください…」という感じ・・・
  よろしく・・・といえば悩みはなかったのだけど…そうはいかない・・・
  ドキドキしながら、不動産やとの折衝?に突入!

登録名義変更・・・終了!

 
  まず、土地家の名義を亡夫から私に変更する。
  法務局に出向く。娘がホローしてくれる。たのもしい。
 
  ネットで「名義変更の仕方」を丁寧にコピーしてくれて
 
  難しい言葉をヨーク読む。そして今日は相談の2回目。
  夫の出生から死亡までの記載された戸籍謄本をそろえ
  固定資産税の納入ショウ、名寄せチョウ?などなど1回目の
  相談で教えられた書類を区役所でそろえ、全部コピーを取り
  提出。自筆の遺言書(家庭裁判所の検印あり)
  による相続が単純だったので❓無事受け付けてもらえた・・・
  印紙を12万円余り(登録印紙税とか)張って終了。
  慣れない仕事に2週間?かな。
 
  司法書士の先生にお願いしたら7万円❓を要するらしい。
  頑張ったね!お疲れさま。ありがとう!

ついに我が家をダンシャリする事に。

 
 庭がいらない。
 二階がいらない。
 洋服もいらない。
 ダンシャリを進めて、最後に?
 家をダンシャリする決心をした。
 そしてこれが中々の難問題!
 
 ばあちゃん一人どこに住むか?
 老人ホームはまだ早い。
 公団住宅から始まったわが結婚生活。
 公団住宅の賃貸でおわるのもよいか・・・
 と、これはまあ、好みで?割と簡単にきめてしまった。
 さて、問題はこの6LDKの始末である。
 悩みつつここに記すことができるか?

秋澄むや🎵

0

秋澄むや多摩の流れと遠き富士

残念!スマホでは遠い富士山は写らないか?

秋ばれの一日を多摩川と、田園調布を歩きました。
河原の草はきれいに刈り取られていて
人もいない、きちきちバッタの天国でした。

キチキチをたたせ追いかけ多摩川原

  今朝の私は体内年齢71歳?でスタート。

  5600歩を歩きました。

«正しくは「体内年齢」