2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

「すぐ死ぬんだから」、買いました

 
 終活も進めていて、もう本は買わないと決めているんだけど
 この大流行りの本は図書館ではないと思ったから、1550円
 無駄遣いかな?と一瞬思ったけれど買いました。
 夜寝る前にちょっと読み始めて・・・気が付けば12時過ぎ、
 明日は句会で7時半発なのに、やばいやばいと眠りました。
いや・・・面白い。最初の書き出しはもうやめられない…
「終活より今を楽しまなくては…」などずばずば・・
 次の場、読み続けたら、旦那さんがコロッと脳梗塞で亡くなり。
 そのあとは息子の話嫁の話。その子供たちのこと、嫁の家のこと
 なんかそこら辺のホームドラマめいてきて、読むピッチが遅くなった…
閉じ凝ってよんでばかりいると血糖値が上がってくるとせんせいの
ご注意があるので、本を閉じてプールへ...途中図書館で
内館牧子を検索するとまあ、ずらーといろいろの本。私はちっとも読んでない。
せっかくなので少し古いの2冊借りてきた…さあ読書週間?のはじまり。

年とったら見た目フアースト!よ

のんびりお昼のテレビを見るのに
「徹子の部屋」がおもしろかった・
内館牧子さんと、なんと舘ひろしさん。
映画終わった人・・・主演で何とか賞をもらったらしい。
相変わらず渋いいい男。
「すぐ死ぬんだから」を出版した内館さんの話が面白い。
年とったら見た目!が大事と。
年より臭い恰好をしてしまってはおしまいよ。
終活よりも、楽しい生活をめざそう!と。
  確かに・・・先日の草津温泉の旅!
  若者に交じって相当無理?して身も心も若作り!
  おかげで雪の森の散策も楽しかった!
  頑張ってるばあちゃんにみんなみんな優しかった…
  見た目フアースト!か。頑張らなくては…
[すぐ死ぬんだから」かってこなくては!

草津よいとこ、、どっこいしょ

20190206_1441461512x2016

俳句の仲間九人で二泊三日の草津温泉旅行にいってきました。

初めての草津!バス旅の格安?22000円。心配して出かけましたが

なぜか雪が少なくて、気温も暖かで天気も良く恵まれた?旅に

なりました。広い広いホテルで、朝夕バイキング食はなかなかデラックスで

温泉はもちろん豊か。三日間とも一日一万歩以上歩きました。

 これは有名な湯畑です。湯気がこの日は少なくて、温泉がとくとく流れています。

 圧巻は早朝の森林散歩!こればかりは雪靴で雪を踏みしめながら

 一時間ばかり森の中を歩きました。残念ながら若者のペースには追い付けず、

 途中でショートカットしましたが…雪踏む音を楽しみました。

句会も三回もできて❔苦かいと悲鳴を上げながら楽しみました。

楽しい旅で帰りたくない?との実感でした・・・・

  ”温泉の街に雪の白根の君臨す”

  ”うららかや大しぶきあげ湯もみショー” 

 

老人ホームにとも見舞う

 
 先日ホームに行ったら、「インフルエンザ予防のため面会はできません」
  とあり、我が家で咲いたランの花を受付に託して・・・・帰ってきた。
 
   何日かしてご主人から「見舞いを催促するようで連絡できませんでした・・」
   とお詫びの電話。そして先週、「病室には行けないが一階の面会室でなら会える・・・」
   と電話を頂いた。「来週でも伺いします」と答えて…月曜日。うらうらと暖かい立春の日。
食べモノもお花も受け付けてくれないというホームに何を?と悩んでお見舞いに
出かけた。ここに入ってもう半年になる。私は何回目?
歩行器?を押して彼女が入ってくる。チョット嬉しそう?。。でもないか。
  足取りはしっかりしてきている…が、せっかくの美人さんが表情がどうも・・・
  それでも頭を悩ませながら?明るくお話をする。言葉の不明瞭はなかなか
  改善されないようだが、少しづつ会話はできる。
 「ホームで楽しいことは?」「何にもない。寝ているだけ」「お友達は?」
 誰もいない」「テレビは?」「みない。」・・・・「食事は?」「おいしくない、おかゆばっかり」
  彼女に笑顔を取り戻すにはどうすればいいのだろう?
  旅行やショッピングや一緒にした昔話を「楽しかったねえ…」
 
二時になると毎日!ご主人が来てくれる。面会できなかった時も彼女の好みのお茶を
毎日届けた!という。彼は彼女のリハビリに来る?彼女に言わせると、歩かされ
歌わされ、読まされる・・・らしい。彼のミッションか?とも思えるが…
とにかくすごい努力だ。「愛されてるねえ…羨ましい…」とは私の言葉。
 「今日は天気がいいから外を歩こう」と、ホームの外周を2,3百メートル?
 「よく歩けるようになったわねえ。」 退院もできそう?
 どう考えていいのか私にはわからない。
   ”夫の手頼りのリハビリ春隣り”
道路で転んで脳挫傷・・・からもうすぐ一年?明るい笑顔に戻ってほしい…

ひあしのぶ…・

 いろんなことに気が散っていたら、どうも最近俳句の成績がはかばかしくない…
 俳句を考えようとすると、「もうやめちゃおう・・・」と考えている私がいる…
 
   しかしマテ・・・先日の句会後のお誕生日会、12名ーー
 
   テーブルが二つに分かれたら、偶然?必然❓男性3人
   女性若手3人グループ、残り❓はベテラン?女性6にんにわかれた!
   ベテラン女性で、顔を合わせると一人を除いて全員80歳代!私もその一人。
    俳句の話は置いといて、その一人がつい最近老人ホームに入居した・・・
    ということで、全員興味深々老人ホームの話で終始した。
「俳句始めておいてよかった」・・とおっしゃるその方は句歴60ねん?いまも
素敵な句をつくられる。体も元気。最近関西から娘さんの近くのホームに転居
なさったいう次第。・・・教わりたいことがいっぱい!
    その他もろもろ、悩ましいことがいっぱいで「やめようか?」はやはりだめ?
    昨日の夕方,俳句つくろうと散歩に出た・・・
 「川向うまでもう一句日脚伸ぶ・・・・」「 だめだなあ…

跳べない蚤のはなし…・

 久し振りにスポーツクラブアクアビクスに出た。
 相変わらずすごい人数。
 そこで先生のお話がとても面白かった…・
蚤【ノミ】は体長2ミリだけど2メートルもジャンプすることができる。(めったに見ないよね)
ところがこの蚤君を50センチの箱に入れておくと、再び二メートル跳べるところに戻しても
50センチしか跳ばない。跳ぼうとしない。ではどうすれば2メートル跳べるようになるか?
 それはまわりの蚤がドンドン2メートルを跳ぶ環境に置くと、再び2メートルを
 跳ぶようになる・・・・そうだ。
跳べないではなくて、跳ばない…というわけ。なるほど!
周りが跳んでればふつうに跳ぼうとするわけだ。
スポーツクラブ、脚が、腰が・・とさぼってると跳べない蚤!になってしまう。
ピヨンピョン跳んでるクラブ仲間に囲まれていると、跳べる蚤!になれるよ!

体内年齢が増えた・・・

 
  ためしてガッテン・・・で体内年齢、AGH?とかいろいろ。
  孫娘にそそのかされて?タニタの体重計を買ってから
  もう3ねん?その間いろんなことがわが身に起こり
  生活の激変も経験しているが、タニタの体重計、
  体内年齢は66歳・・・!から動かなかった。
 
 
あまりよく考えないで来たが、最近「あれ?いつのまに?」か
不動の66は67に代わっている…
ひそかな自慢?だった66なのに!体重計は嘘をつかないか。
体重は少しづつ減少しているのに?なんかシワシワになって悲しいが。
血糖値は相変わらず高値。先だっては主治医から直接電話が来て、
[AICが8.2に上がった。正月に食べすぎたかな。きちんと運動をするように」
ありがたいご忠告。体内年齢の意味がよく分からないが
67歳というのは、実年齢マイナス15?だからよし!とするか。

五年日記を終わって…?

 平成最後の年が、もう一月も終わり・・・・
 日記を書かなくなって、早一月だ…
 なんかほっとしたような、忘れ物をしたような・・・
  ”闘病と喪失五年日記果つ”
 去年まで25年?書き続けた日記を「もういいや」と
 投げ出した。年齢のせいか、根気が亡くなったのか、わからない。
 しかし忘備録!を失いあちこち書いたメモが無くなり、
 
 ちょっと困っている・・・・スケジュール表をスマホで管理する…がまだ身につかない。
 詳しく書きすぎたり、書かなかったり…まことに気ままな生活を丸写し・・・
  五年日記?一年日記?を買おうかなあ…なんて思ったりしたり…
 

うそかえーー亀井戸天神

20190124_1036201512x2016756x1008

きょうは初天神!
うそかえのひです。
天神の境内は恐ろしい数の善男善女がぐるぐるととぐろをまいています。

一年間のウソや、よくないことを、このウソという鳥が❓厄払いしてくれる…

ということは知っていましたが、この寒空に3時間行列を組んで「待つ」

小さなウソを大きな嘘に買い替える?不思議な行事です!

若いお嬢さんが3時間待って買った・・・というこのウソは3000円?

一番大きな一万円から売れきれるのだそうです。日本にはいや天神さんには

こんな行事が脈々と続いているのですね。?不思議です・・・・

ユニークなヨガ教室!

 すぐ近くのちいさなおてら。
 静かなカフエにもなっている。
 若い友人に誘われて、ランチに行ったとき、そっと置かれていた手書きのチラシ・・・
 「ゆtったりヨガ」の案内。
 木と、土でできたお堂でヨガをする・・・なんかいいねえ・・・・
 と話していると、食事を運んでくれた女性が「わたしがやっています」・・・と。
 涼やかな声と立ち居振る舞い・・・聞けば10人ぐらいでこのテーブルを片付けて
 この場でヨガをすると・・・なんかいいねえ…すぐ電話を聞いた。
月一回の案内を頂いて、出かけた。ヨガマットは…まだ買わない…バスタオル。
9人の参加。始まってまだ半年?みんな初心者?そうでもないか。
なんとも先生の声が素敵!松たか子の雰囲気!・・・いいねえ・・・
 スポーツジムで100人ぐらいの隅っこで、それでも遊び半分10年も続けたかな?
 ここ一年は新しいジムのヨガになじまなくて、できなかった・・・
 久しぶりだし、身体は固くなったし、身体の老化はやむを得ない。
 先生の優しいお手伝いもいただいて、一時間ぐらい?
 まごまごしているうちに瞑想・・・して終わる・・・いいねえ・・・・
みんなでテーブルを戻して、ランチとなる。先生も一緒。
自己紹介めいた話から始まって、インドで修業?してこられた話も。
若い男性もいて、なんか不思議なメンバーみたいだし、いいねえ・・・
月一回だし、これは休まないようにしなくては…不思議なヨガ体験・・・

«八十の手習い・・・をはじめる