2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お餅つきに参加

引っ越して一年、自治会に参加して3か月?
お餅つきの案内がポストに。
つきたて餅がもらえるという・・・・(11時半までに)
引換券の下に、お手伝い募集!とあった。
前日午後。きのう、何も出る予定がなかったので
のぞきにいった・・・・・
 トン汁用の山ほどの野菜の中から
 「よく来てくださいました。」と丁寧語。
 おおきな寸胴鍋?で、120人分のトン汁をつくる・・・という。
役割もほぼ決まっているようで、不慣れなばあさんは
野菜くずを片付けたり鍋を洗ったり、久しぶりのお勝手仕事を
楽しむ?あまり役立ってないなあ…と思う。
 ひと段落してお茶タイム。自治会長からの個人情報漏れ?で
 82歳とばれていることがわかる。
 皆さんの丁寧語のわけだ。「とてもそうは見えません・・・」とも
 いわれたが。この団地自治会の80代は隠居していていいのかな?
今日が本番。8時前から下の広場で赤々と焚火?が燃え、餅つきの
力強い音が響く。トン汁はどんな味になったのかなあ?
「10時ごろでいいです」といわれる通り、降りていく。
そうとう塩辛い?トン汁と思ったが若者向きかな?
アンコ餅、黄な粉餅行列ができて売れていく。(200enn)
 餅つきの俳句・・・できるかなあ?

医療センターで、検査をした。

先日予約の検査に行ってきた。
特に予約時間はなかったので8時半発。バス停に行くとなんと
「医療センター行き」のバスにあう・・・・やっと座れて20分
大方はセンターまで。今日は娘の付き添いはいいからと…辞退。
検尿、血液検査、CTの三つだが、血液検査で30分の安静が必要だという。
ちょっと驚いて不安な顔をしたのか、「家族の方は?」と聞かれる。
これは初めて。ホルモンの値が知りたい…と簡単な説明?
「一人です」。ベッドに寝かされて30分まんじりともしない。
寝たままで採血・・・鮮やかに幾本もとられる。
続いてCT検査、「一人で来たのですか?」とまた聞かれる。
一寸頼りなくみえるのだろうか?靴を履いたままで、下着に金属がない事だけを
確かめて、あっという間に終了。会計の列に並んで、しばらく待って支払機?
に並んで待つ。が、直ぐに済んで。10時過ぎ。
  こんなに大勢の患者を鮮やかにさばいて、(大勢の職員さんがきびきびと
  親切に働いて見事なものですね。
朝から水も飲めなかったので
売店で(ローソン)紅茶と小さなケーキを買い娘にライン。
「早かったね。おいしいものを食べなさい。気を付けてね。」
やれやれ検査結果は25日9時30分と。何もなければ一人でくるけど
何かひっかたら、付き添いを頼むか…と弱気な私。

筋トレは何歳になっても有効

今朝の朝日新聞。筋トレでお年寄り元気に・・・・
大きな見出し。筑波大のスポーツ医学の久野教授の談
  筋トレは何歳になっても有効です。
  アンチエイジングという点で、筋肉は最も効果を表す「臓器」なのです。・・・・
  筋力は40代から毎年1%落ちていきます。低下を少しでも遅らせるにはやはり
  筋トレです。・・・体を整え元気に長壽を楽しんでもらいたいものです。
筋トレは高齢者にも必要と、スポーツクラブでは年々高齢者の利用者数が
増えている。総務省の調査でもこの10年で70歳以上のりようしゃは
71万人から202万人に増えているという。
  筋トレになっているかどうか、80代の私も昨日今日と続けてスポーツジムに行った。
  午前にも午後にも、ご同輩70代80代のじいさんばあさんたちが
  まことに楽しそうにおしゃべり、筋トレに励んでいる。若者も・・・ちらほら?
  時間によってはもっといるのかな?何しろ夜12時までやっているのだから。
人生100年時代に入った今、高齢者も筋肉トレーニングに励んで
健康寿命を延ばさなければならないか?

映画「エンディングノート」をみる

 もう旧聞になるのかな?
 当時?見ることができなかった映画「エンディングノート」を
 偶然メルマガで12月1日フーオーラムで上映!と見つけた。
 ちょうど紅葉狩りの約束を友達にドタキャンされたところで
 すぐ予約、大変親切な応対で900円で見ることができた・・・・
  パンフレットによれば1978年興行収入1億円を突破した大ヒット映画だったという。
 
  数々の賞も受賞したというのに、まったく知らなかった…
  ・・・我が家のエンディングと重なっていた?かもしれぬ。
高度経済成長期に【段取り命」で働いたサラリーマンが第二の人生を歩み始めた矢先
ステージ4の胃がんが見つかり、人生最後の一大プロジェクトとしてエンディングノートに
とりくむ・・・話。我が夫より少し?じだいがあとかな?でも全く命がけで働き
命がけで?病と取り組んだあたり、他人事でなく身につまされて
泣いたり笑ったりして・・・このドキュメンタリーに共感!した。
 プロデュース是枝裕和のもとで監督助手として映像制作に携わった
 砂田麻実が制作、ナレーションも自分で担当。その若々しい声が
 この暗いドキュメントを救ってくれた・・・・
 大ヒットもさぞかし・・・とうなづける。
ガンと闘い続け、その間の家族の気持ちの移ろい
恵まれた医師とのかかわり方・・・我が夫の残した
エンディングノートをまだ読めてない妻としては
この家族の潔さに感服!するばかり・・・・

墓参り&誕生日&医療センター

20181128_1146081512x2016

命日恒例のおはかまいり。墓苑のバラがとても美しい。

誕生日二日前。医療センターでの診察?があり、

心配した娘が付き合ってくれた。ひさびさにうれしい

一日?単純だなあ…82歳。素直になっていいか。

 

  いつもの内科で、「人間ドックとかしてないから

  大腸検査とエコー検査をしておこう」と、

  気楽に一か月で検査結果を聞きに行ったら

「医療センターに行ってCTと採血検査を受けるように」と。

副腎に腫瘍の疑い・・・ということ。82歳の今までこういった

✖じるしとは縁がなく過ごしてきた。(幸せなことに。)

ちょっとやばい、落ち込んで娘にヘルプのラインをいれる。

「大事ないから一人で行くよ」とは言ったものの

医療センターの広い待合室で娘の姿を見つけたときは

ほんとうにホッとした…子供みたい…

  テキパキした若い女医先生。「年内に結果出したいね」と。

  今どき若い女医先生は優秀な先生なんだよ…と娘

夫の墓前で検査の無事を祈って?、二人でゆっくりランチ!

こんなことめったにない。彼女の仕事の話、浪人中の末っ子の

話。結婚32年?を迎えたというのに驚く・・・

  ケーキを買って家でコーヒーを…と帰宅。

  「大丈夫ね、心配ないね…」と帰っていった。

この度は小さな副腎に小さな✖が付いただけだが

これからあちこちあちこちで具合が悪くなる?ことも

考えるとちょっと落ち込むが・・・まあ、しょうがないか、

これが老いるということ…・・とか…悩むほどでもないか?

 

 

大阪万博!なつかしさに涙!。

 長年育った大阪を離れて三年め?
 大阪万博!ということで三人の幼子を連れて
 大阪行きを決行!しました。(よくぞ主人が許したものですね)
 
 
  7歳5歳2歳位?
  新幹線がうれしかった娘。
  「月の石をみたい」という長男。
  走り出したら止まらない次男。
    実家の母が、お弁当を作って付き添ってくれました。
    母も60代に入ったばかり?和服でしたね…
    すっかりおばあさんでした。ゴメンナサイ。
    アルバムから写真を探し出そうと…まだ見つからない…
    結局次男はベビーカーに詰め込んで母が押しました。
 とにかくすごい人で,月ノ石も、希望の人気パビリオンも
 見るどころでなく、・・・その辺で記憶は残っていません。
 食事どころではなく、お弁当が助かったのでしょうね。
 母の手作り、バッテラのお寿司でした。…懐かしい…、
… 69歳で亡くなった母・・・遠く離れて看病もならず
親不孝の極みの娘でした…こんなに長生きをするとは思わなかった…
こんどの万博にはもういけないよね?90歳?
   アルバムから写真を探し出しましょう!

紅葉狩り・・・六義園

20181122_1053561512x2016┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 雨の予報の寒い日になりましたが、東京の北?

 紅葉の名所六義園吟行です。

 電車がちょうど一時間、8時半出発です。

   駅からぞろぞろと結構な人出でしたが紅葉は少しはやい?

   柳沢吉保の、大名庭園・・・どこに立っても、絵になる美しい

   庭園です。門前の枝垂桜が、なんといっても有名で

   春には何度も来ていますが、秋は、紅葉のライトアップが

   はじまったころ?夫と訪れたことがあります。10年も前か?

美しい雪つりと、広い池に優雅に泳ぐ鴨と、たくさんのスマホ写真ですが・・・

うまくアップできません。・・・たった一枚の銘木の松に

・・・冬の菰マキがしてあるのですが、その縄の結び目を{梅結び}というのを

初めて知りました。松も、菰マキも、梅結びも何とも優雅です。・・・

9557歩の強行軍でした・・・

 

NHKスペシャル。人生100年時代

 
 先週,土曜日、日曜日だったらしい。
 日曜日は見た。なんとも複雑で眠りつけぬ気分だった。
 月曜日、またホームへお見舞いに(普段着で)行って、
 生協の冷凍今川焼をレンチンしてくるんで,温かいほうじ茶とを
 持っていったら、まだ温かいうちに着けて、気楽なおしゃべりをしようとしたら
 なんと、早めにご主人がやってきて、「Nスぺ、みましたか?」「みましたよ。」
   「ぼくは切実なのでメモとりながらしっかり見ました。」
   ・・・ととくとくと、語りだした。・・・・・・
T子さんがどの程度話を理解できるのか、でも主人の力説に耳を傾けている・・
介護度の話、(彼女は今介護5度らしい)、ホームの介護保険の収入の話
・・・「残念だけど土曜日は見なかったので…」(T子さんが一生懸命ききとろうと
   する様子に気づいて、話を変えようとするけど、H氏はおかまいなし?
 
・・・「リハビリが進んで介護度が4、とか3とか軽くなるとこのホームには
   いられなくなるの?」と、思わず聞き返してしまって、T子さんを
   見やると相変わらず深刻な顔で聞き入っている。元の彼女なら
   反発するはず・・・・どうなんだろう?H氏もこんなひとだったかしら?
この後、「歩かせて、歌わせて、発音練習もして…」ということだったので
一緒に歌おうか…とも思ったが、失礼することにした。
  彼女の認知はすすんでない?リハビリをして何としても家に帰ろうとしている?
  わからない・・・終末期医療だけはNOと意思表示しておこう・
    

ご契約者様・・・二億円?詐欺被害?

スマホにしてもうすぐ三年?
難しいことは避けて、わかるところだけ楽しく❓使っている・・・つもり。
今朝、Eメールボックスが(触るな、ほっとけ・・・といわれている。)が
余にも一杯だったのでのぞいてみた・・・・ら
AUから、「ご契約者様に大切なお知らせ」とあるので
読み進めると[、この番号に二億円が当選しました。」と???
   いくつかのメルアドをクリックするように…と。
   これは?あやしい。でもAUなのに?Gめーるが?
とりあえず、子供たちに「二億円当たったて?・・サギかな?」とライン。
即、返事が返る「触っちゃいけない。儲かる話がメールで来ることはない!」
「「AUだよ・・・二億円だよ}「はいはい、モーわすれていいからね」
「了解」・・・
ストップ詐欺被害!と騒がれるけど,ひっかかるわけがないと思うけど
・・・・なんだろうね???

オシャレしてこないで?ホームのお見舞い

老人ホームに友を見舞う…
食事の終わったころなのか、案内されるときいつも
食事ルームの後で職員の方のお話?歌?など皆さんのリクエーションの
間を通っていく。車椅子の皆さんの視線を浴びるようで
緊張する…「どうしてT子さんは入らないのかな?」
「人見知りなんですね・・・」「そんなことないのにね・・・」と
看護師さんと話す。部屋ではT子さんは日記を書いている・・・・
(暗いなあ…)笑顔にしなくては…と強く思う…
・・・・「みんなの中で歩けるの、わたしだけだし・・・」
   「毎日主人が来てくれるの私だけだし…」
   「みんなは大きな声で良くしゃべるけど、私は声がよく出ないし…」
 みんなの中に出ていくのが気後れする・・・という。
 友達ができない人ではなかったし…羨ましがられるのがつらいのか???
 老人ホームのお付き合いはむつかしいものがあるのだろう。
夜ご主人H氏と電話・・・「まあ羨ましがられるのはいいんだけど…」
・・・T子さんはやきもち焼かれて辛いのよね…
「そう、おしゃれなお友達も見舞ってくれるし?」。とH氏。
  ・・・「え?私のこと?」おしゃれはできない私だけど
  T子さんに会うのに…の気持ちだけではいけないか?
 
なににせよ、ホームへのお見舞いはむつかしい…!
彼女に笑顔を取り戻すことのために私は何をできるのか・・・・?
 
 

«老人ホーム、お見舞いその3